ナローバンドIoT/LPWA

低消費電力ネットワーク

ナローバンドIoT/LPWA(Low Power Wireless Access)ネットワークは、選択肢がSigFox、LoRa、または他の無数の独自プライベートソリューションに限られていたときから大きな成長を遂げました。現在、ナローバンドIoT(NB-IoT)とその同類のLTEカテゴリーM1(LTE-M)は、MNOによる多額の投資を受けて、企業があらゆる規模のIoT展開を計画できることを意味しています。

Caburn Telecomは、IoT/M2Mの分野で数十年にわたる経験を持ち、GSMAによる最初の発表時からGSMAのナローバンド分野をめぐる動きに注目してきました。そのため、私たちは、お客様にそれぞれの技術の意味を十分に理解してもらい、長期的観点から適切な技術を選択するお手伝いをすることができる立場にあります。

どちらの3GPP技術も、バッテリー寿命の長い安価なデバイスを大量に導入できるように設計されています。また、どちらも完全にサポートされているグローバルスタンダードで、電力消費量が非常に少なく、5Gにも対応しています。

NB-IoTは、低速、高遅延、長距離通信、非移動性、低コストの技術であり、スタティックセンサーのように直接応答を必要とせず、時間的制約のない小さなデータをバースト伝送するソリューションに最適な技術です。NB-IoTが持つ大きなメリットは、メッシングやゲートウェイが不要で、大規模なセンサーネットワークの展開が可能になることです。代表的なNB-IoTの応用例には、公共料金の計測、タンクのレベルのモニター、パーキングメーター、街灯の制御、配電網の監視などがあります。

LTE-Mは、中速、低遅延、中距離通信で、移動性が高く、ややコストの高い技術です。そのため、移動が必須で、データスループットは中規模だが遅延が問題となるようなアプリケーションに最適です。LTE-Mは、ライブデータセッションのセルハンドオーバーが可能で、音声オプションも提供しているため、移動性の高いソリューションに最適です。代表的なLTE-Mの応用例としては、トレーラーや鉄道軌道のトラッキング、単独労働者やヘルスケア用のウェアラブル端末、テレマティクス、資産モニター、機械の健康状態のモニターなどが挙げられます。

また、ChipSimソリューションや、eSIM、eUICCの展開も手掛けています。

IoTの進化で優位に立つ

IoTソリューションの設計者は、数種類の低消費電力無線アクセスから、多数の新興GSM規格まで、競合するさまざまなコネクティビティの選択肢に直面しています。

そのため、弊社は常にパートナーたちと協力して、お客様に最適なコネクティビティ計画を提供できるようにしています。

導入事例

No posts found!

多様なIoTアプリケーションに対応するコネクテッドソリューション